2007 年 1 月 29 日

ちからもち

天満屋ビル展に向けて、倉庫の中にある昔使われていた金庫を奥の部屋に出そうということになった。
すでに立派な金庫が一つど〜んと展示室のはしっこにはあるのですが、
もう一個、横にあれば、昔の商売がどれ程、繁盛してたのか?!と思いをはせられる!思ったのです。
昼から人の来る気配もないので、タナカとハラダは動かすことに。
しかし、重い!半端じゃないくらい重い!
まず、台の上から下ろしたのですが、倉庫の床に穴があいてしまった!
そこから、てこの原理などを駆使し、なんとか外に出し、廊下を押し、部屋の前まで、
そこには段が!なんとかあげようとしても無理で、あと1人いたらなぁ〜と思ったら!
ねぎを持った鴨ならぬ、氷を持った氷りやさんが!
しかも、自ら『手伝いましょうか?』と申し出る。
『すごい重いんですよ。いいですか〜』と一応言うと、
『かなりのちからもちなんで』と心強いお言葉。
そこから、3人(+1人)で必死で持ち上げた。
ああでもない、こうでもないと、みんなの持てるだけの力を振り絞り、
設置完了!
きっと、氷やさんはこんな重労働になるとは思ってなかったはず。
しかし、あと1人いたらな〜のあと1人は、
氷やさんでないと1人は成り立たなかったと思います。
大感謝!!
ヨウコはこの間、自分も力仕事してる気まんまんで、
タナカとハラダのおしりをう〜ん、う〜ん言って押してた。

Posted by hahaha at 9:25 PM できごと

Powered by WordPress